Forksの花火!記録的な寒さ!ウィニペグのニューイヤーイベント

ども!

皆様の2014年のスタートはいかがなものでしょうか?
Motoは日本の初詣というか、正月の盛り上がり、そして何より秋葉原の初売りが恋しかったです。

ウィニペグの今年の大晦日はマイナス34℃、風の影響を含めた体感温度のウィンドチル(Windchill)はマイナス47℃だったとか。
翌日の元旦には歴史的な寒さとなり、火星を遥かに超える寒さだったそうです。

 

Motoは大晦日の晩にはForksというウィニペグの観光名所に花火を観に行ってきました。
いやー、素晴らしい寒さでした!にも関わらず、ありとあらゆる人種の人々がForksを埋め尽くしていましたね。さすが移民の町。

花火も綺麗でしたが、この状況そのものが何より楽しかったです。

Forksの花火

 

SPONSORED LINK

このくらいの寒さにも関わらず、Forks内のアイス屋には長蛇の列が。
Motoも買ってみました。
Forks アイス
そして、外で食べてみました。
「やべえ、このアジアン」という子供らの視線が痛かったです。

極寒のアイスクリーム

 

柔らかいアイスクリームだったのですが、あっという間にガチガチに凍っていきました。

外にはDJがいて、踊っている人で賑わっていました。
クラブで踊っているのと違って、皆、厚着しているものですから、遠くから見ると着ぐるみがダンスしているようでした。

 2013-12-31 21.46.22

 

そして意外だったのが、カウントダウンに合わせてニューイヤーイベントが終了するかと思いきや、午後10時の花火で終了でした。
一斉に会場の人々が立ち去っていくのが印象的でしたねー。
こちらの文化は家族のつながりを大切にしていますから、カウントダウンは自宅のテレビの前で過ごすのかもしれません。

皆様の2014年が良いものになることを極寒のウィニペグから祈っております!

ではではー!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です