カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (2回目)

ども!

前回に引き続いて、今回はEligibility(適格性)についての記載を翻訳しました。
原文を確認するには画像をクリックしてくださいませー。

【スマートな皆様ならご理解されているかと思いますが、いちおうご注意ください】

当翻訳はMotoが趣味で行ったもので、内容に誤りがある可能性があります。
出会ったこともないMotoのような胡散臭い人物の翻訳は決して信用せず、必ずご自身で公式サイトを読んで理解するようにしてください
この翻訳のために何らかの不利益を被ったとしましても、Motoは責任をとりません
とりませんったら、とりません。

Eligibility | Apply to Immigrate | Immigrate to Manitoba, Canada
Eligibility | Apply to Immigrate | Immigrate to Manitoba, Canada

マニトバに移住の申請をする適格性を満たしていますか?

 

どの道があなたの状況において私たちの州での永住により適したものか決定するため、また、あなたのマニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)申請をサポートするため必要なドキュメントがあることを確実にするため、インテラクティブなマニトバへようこそ、カナダツールを使っていくつかの質問に答えてください。

マニトバへの道は2つあります:

SPONSORED LINK
  1. 現在マニトバで働いている:最低6ヶ月以上勤務し、雇用主から長期のフルタイムの仕事のオファーを受けている一時滞在の外国人労働者、および外国人卒業生。
  2. 海外のスキルある労働者: 年齢、英語によるコミュニケーション、職務経験、学歴、そしてマニトバへのつながり、この5つの要素をもとにした雇用の可能性と適応性において十分なポイントを満たしたスキルある労働者からの申請は受け入れられます。

マニトバへようこそ、カナダツールは自己評価のみのものです。マニトバへの確かな永住への意思と、定住のための能力を持つ自立したスキルある労働者としての経済的な定着のポテンシャルを、MPNPの判定をもとに永住権に向けて個人をノミネートする唯一の権限をマニトバ州は持っています。

法的に認められない者

MPNPはマニトバでの就業を証明できるすべての職業 でのスキルある労働者からの申請を受け付けます。

カナダで生活している難民(現在、または拒否された申請者)はMPNPの適格性はありません。そうした人々は現在暮らしている国における法的ステータスの証明を持つことで、カナダ国外から申し込みができる場合があります。


 このページの翻訳は短かったッス。
次回はAssessment(判定)のページを翻訳していきますよー!

【TOEICスコアアップのアドバイス!】

海外ドラマを英語字幕+英語音声で見るのがTOEICのスコアアップには最適だとMotoは思いますよー。
よかったらHuluで無料で2週間お試しあれ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です