カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (3回目)

ども!

前回に引き続いて、今回はAssessment(判定)についての記載を翻訳しました。
原文を確認するには画像をクリックしてくださいませー。

【スマートな皆様ならご理解されているかと思いますが、いちおうご注意ください】

当翻訳はMotoが趣味で行ったもので、内容に誤りがある可能性があります。
出会ったこともないMotoのような胡散臭い人物の翻訳は決して信用せず、必ずご自身で公式サイトを読んで理解するようにしてください
この翻訳のために何らかの不利益を被ったとしましても、Motoは責任をとりません
とりませんったら、とりません。

Assessment | Apply to Immigrate | Immigrate to Manitoba, Canada
Assessment | Apply to Immigrate | Immigrate to Manitoba, Canada

申請後: 次に行うこと

 

MPNPに申請を送った後、いくつかの手続きが行われます。

   事前判定

MPNPのスタッフはあなたが情報を正しく記載したか必要な書類を提出しているか確認します。申請完了の受領書を送ります。もし申請に不備がある場合は不十分な書類を提出するよう要請するか、判定に適さないとして申請を送り返します。

   判定

MPNPの判定は信頼と確認ができる書類の提出をもとにしています。もっと読む:判定

判定にかかる時間は届いている申請の数に大きく左右されます。MPNPは申請の状態に関する問い合わせには答えられません。申請はプログラムのニーズと利用可能なリソースに従って進められます。

   必要な対応をしていく

MPNPに家族の状態と住所の変更について知らせます(提出したeメールと郵便の住所の両方)。

申請の取りやめにはMPNPに申請者がサインをしたリクエストを送ります。申請の再提出はいつでも行えます。

   決定

申請の判定が完了した後、その決定を記載された住所に知らせます(郵送に限る)。

  1. 申請が受理された場合、承認状、カナダ永住権申請提出のインストラクション、 MPNP事前到着ワークブックを利用した定住プランの継続に関する招待状を含んだノミネーションパッケージを郵送します。
  2. 申請が拒否された場合、決定の理由を記載した結果状を郵送します。もっと読む:再調査の要請

 

MPNPが申請を判定する方法

マニトバプロビンシャルノミニープログラムは、2つの道を通して、経済的自立、そしてマニトバへの永続的な定住成功に関する意思と能力のポテンシャルを基準にスキルある労働者を選びます。現在マニトバで働いているスキルある労働者。または、マニトバへの強いコネクションがあり、年齢、学歴、トレーニング、職務経験、言語能力と適応力について十分なポイントがあると判定できる海外のスキルある労働者。

 

判定はどちらも申請時の雇用の可能性と適応力についての現在のプログラム条件を満たしている、信頼と確認ができる提出された書類をもとにされます(「現在」とはあなたの申請を受け取った日のMPNPウェブサイトに書かれているものを指します)。

適応力は雇用の可能性、定住計画書、定住の支援、他のカナダのコミュニティより強いコネクションのある永住者として経済的自立と即効的かつ継続的なポジティブなマニトバへの貢献をする確かな意思と能力です。

雇用の可能性 は以下をもとにして判定されます:

  • 過去の学歴、トレーニング、職務経験とすべての該当する資格、あなたのマニトバにおける職業に不可欠な免許または登録(規定されている資格)
  • 職務に十分なレベルの英語
  • マニトバの労働市場を進歩させる職業についており、なおかつ、それが現在需要があり長期的な雇用とキャリア形成が見込めるものである
  • カナダ経済のナショナルオキュペーションクラシフィケーション(NOC)に業務の詳細、スキル、技術とワークセッティングが記載されている
  • 関連する職業、または他のものに競合できるレベルで通用するスキル

あなたの職業の仕事情報はワーキングインカナダツールで探せます。

ポイント

すべての海外からの申請(MPNPの現在マニトバで働いているという適格性の基準を満たさないもの)にはポイントシステムが課されます。海外のスキルある労働者がMPNPを申請する適格性を持つにはMPNP自己判定ワークシートの5つの要素で少なくても60ポイント以上獲得しなければなりません(マニトバとのコネクションは獲得したポイントに関わらず、すべての申請に必要です)。あなたの判定とMPNPプログラムオフィサーの判定が異なる場合は、プログラムオフィサーの判定が適用されます。ポイントは申請に足る適格性を満たしているかを測定するもので、ノミネーションを約束するものではありません。MPNPはケースバイケースで適格な申請かどうか判定する権限を持っています。

学歴と経験

マニトバで現在勤務している仕事で必要事項として活きている学歴、またはトレーニングと職務経験の証明を提出しなければなりません。また、海外からの申請者の場合はマニトバ到着後にすぐにあなたの職種で仕事を手に入れることができる証明を提出することになります。

あなたの職種は主とする雇用経験と関連する学歴とトレーニングをもとに判定されます。マニトバでは職種の異なる仕事になるかもしれませんが、MPNPはあなたの申請を、この職種における雇用の可能性で判定します。

SPONSORED LINK

申請の前に、あなたの職種をワーキングインマニトバ、カナダツールを利用してリサーチしてください。マニトバにおけるあなたの職種で働くための必要事項を知ってください。リサーチと計画を行うことは賢い決断とMPNPの申請を成功される助けとなるでしょう。

「ワーキングインマニトバ、カナダツール」には、カナダナショナルオキュペーションクラシフィケーション(NOC)の現在の業務の詳細、スキル、技術とワークセッティングが記載されています。いくつかの職種はマニトバでは「規制」されていることに気がつくでしょう。つまり、働けるようになる前に、資格の取得を行う必要があることを意味しています。これはあなたの職種における雇用を見つける能力として影響するため、判定において考慮されます。

例として、あなたが医師としての経験と訓練を積んでいるものの、職業を用務員として述べた場合、医師として判定されます。定住計画書において、どのようにしてあなたが医師として働くために州の資格要件を満たすつもりか説明しなければなりません。資格取得をしている間に、例えばヘルスケアの補佐官などの関連した規定されていない職業の雇用をすぐに見つけるための計画と同様にです。

MPNPは経済移住プログラムであるため、判定にはあなたの職種に対するローカル労働市場の需要と展望が影響します。例えば、あなたの職種が教師である場合、資格を取得するまで働けないことや、現在のマニトバでは教師の需要が低いことなどは(判定の)要素として影響します。

(上記の医師のような)例の中で規定された職業で述べたように、MPNPはあなたの(マニトバでも)適用可能なスキルをその職種に関連した仕事で同等、または近いスキルレベルとして考慮します。

MPNPの承認を受けることは、あなたがマニトバに到着して即座に働き始めることができることを意味しているわけではありません。仕事は自分自身で見つけなければなりません。資格、学歴、経験のすべての判定の完了はあなた自身で行わなければなりません。MPNPの定住計画書(と、ノミニーのためのMPNP事前到着ワークブック)はこのプロセスの手助けをしてくれるでしょう。

適応性

MPNPはスポンサーシッププログラムではありません。私たちは定住のための意思と能力があり、マニトバで永住者として家族と暮らして働くことができる自立したスキルある労働者を選びます。

マニトバとのコネクションは申請者の私たちの州で永住者としての自立する意思と能力を計るものです。それは現在マニトバで働いている申請者の場合は職務経験や長期的なジョブオファーで、海外からの申請者の場合は交友や血縁関係、過去の学業や職務経験、またはMPNPリクルートメントミッションやMPNP調査訪問で得た理解の深さによって証明されます。

申請の判定において、MPNPはあなたのマニトバへのつながりが十分に強いかどうか、そしてカナダのどの他州よりも強いものかどうかを考慮します。もし他州よりもマニトバへのつながりが弱いと判断した場合、MPNPは申請を拒否する権利があります。

マニトバでの生活に順応するには時間と金融資産が必要になります。一般的に、生活を支える仕事を見つけるまでの支え、確実なマニトバでの定住の成功、そして、カナダ政府への移住費とマニトバへの旅費の支払いに、申請者自身に最低C$10,000、そして配偶者や扶養者一人あたりC$2,000の資産が必要とされます。

定住計画書
適応性と雇用の可能性を証明するために申請時に定住計画書を提出しなければなりません。

  • 移住先にマニトバを選んだ理由
  • 特定の目的コミュニティに定着する計画
  • マニトバへのコネクションのタイプと強み
  • マニトバでの即効的かつ長期の雇用へのステップを勧めていること

マニトバへのコネクションが家族や交友関係による申請者のみ、彼らのマニトバにおける支持者(親類、または最低1年のマニトバ定住を成功させたカナダ市民権か永住権を持った友人)の承認を受けた定住計画書を用意しなければなりません。支持者はあなたの計画を確認し、定住計画書パート2を提出しなければなりません。

言語能力

すべての申請者は職務に十分なレベルの英語が話せなければなりません。一般的に、カナディアンラングエッジベンチマークレベル4 ( CLB 4)がカナダの雇用における最低限の英語能力として考慮されます。しかしながら、多くの職種で英語でのスピーキング、リーディング、ライティング、そしてリスニングではるかに高い能力が求められます。

現在マニトバで働いているNOC 0、AまたはB以外の申請者はすべて英語の能力を証明するために承認されている語学テストの結果を提出しなければなりません。

家族や交友関係、またはコミュニティによるサポート、定住計画書のインフォメーションなどのその他のポジティブな条件は、あなたのマニトバへの適応性を証明する重要なものですが職を得るための言語能力に代えられるものではありません。

 

 


翻訳を終えて

このページの翻訳は長かったー!
まー、そのおかげで翻訳スピードが上がってきましたよ!
全ページの翻訳が終わったら、最終的には翻訳をまとめて見やすくしたページを作りたいですねー。

内容的に要注意かなと思うのは、マニトバとの結びつきの深さが大きく影響してくるってことでしょうか。
マニトバでMPNPを通して永住権を取得した後、カナダの他州に移る可能性が高いと判断されると、マイナスの評価になりそうです。

次回はDocument(ドキュメント)のページの翻訳をしていきますよー!

【TOEICスコアアップのアドバイス!】

海外ドラマを英語字幕+英語音声で見るのがTOEICのスコアアップには最適だとMotoは思いますよー。
よかったらHuluで無料で2週間お試しあれ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です