Forksの花火!記録的な寒さ!ウィニペグのニューイヤーイベント

ども!

皆様の2014年のスタートはいかがなものでしょうか?
Motoは日本の初詣というか、正月の盛り上がり、そして何より秋葉原の初売りが恋しかったです。

ウィニペグの今年の大晦日はマイナス34℃、風の影響を含めた体感温度のウィンドチル(Windchill)はマイナス47℃だったとか。
翌日の元旦には歴史的な寒さとなり、火星を遥かに超える寒さだったそうです。

 

Motoは大晦日の晩にはForksというウィニペグの観光名所に花火を観に行ってきました。
いやー、素晴らしい寒さでした!にも関わらず、ありとあらゆる人種の人々がForksを埋め尽くしていましたね。さすが移民の町。

花火も綺麗でしたが、この状況そのものが何より楽しかったです。

Forksの花火

 

SPONSORED LINK

このくらいの寒さにも関わらず、Forks内のアイス屋には長蛇の列が。
Motoも買ってみました。
Forks アイス
そして、外で食べてみました。
「やべえ、このアジアン」という子供らの視線が痛かったです。

極寒のアイスクリーム

 

柔らかいアイスクリームだったのですが、あっという間にガチガチに凍っていきました。

外にはDJがいて、踊っている人で賑わっていました。
クラブで踊っているのと違って、皆、厚着しているものですから、遠くから見ると着ぐるみがダンスしているようでした。

 2013-12-31 21.46.22

 

そして意外だったのが、カウントダウンに合わせてニューイヤーイベントが終了するかと思いきや、午後10時の花火で終了でした。
一斉に会場の人々が立ち去っていくのが印象的でしたねー。
こちらの文化は家族のつながりを大切にしていますから、カウントダウンは自宅のテレビの前で過ごすのかもしれません。

皆様の2014年が良いものになることを極寒のウィニペグから祈っております!

ではではー!

関連記事

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (7回目)

ども! 前回に引き続いて、今回はManitoba Support(マニトバサポート)についての記載

記事を読む

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (3回目)

ども! 前回に引き続いて、今回はAssessment(判定)についての記載を翻訳しました。原文を確

記事を読む

カナダ永住権取得のためのMPNPウェブサイト翻訳を分かりやすく最新の情報にアップデートしました!

ども! 新年あけましておめでとうございます。 今年もどうぞ( `・∀・´)ノヨロシク

記事を読む

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (4回目)

ども! 前回に引き続いて、今回はDocument(書類)についての記載を翻訳しました。原文を確認す

記事を読む

ワーホリを終えた帰国者が再び日本の生活に速やかに馴染むためのTips

ども! カナダから帰国後の暮らしは万事順調。 日本のビジネス社会にスムーズに適応しているMotoで

記事を読む

ワーキングホリデー中の仕事探し

What's going on, guys?(よう、みんなどうしてる?) なんとなく普段勉強で見てい

記事を読む

凍った川でアイススケート!2月はギネス級のWinnipeg Experience!

ども! このところはウィニペグにあるギネス級のアイススケートリンクを堪能しているMotoです。いや

記事を読む

移民の理由は人それぞれ…MPNPオフィスのセッションに参加してきました!

ども! MPNPの審査をしている人達ってどこにいるの?電話やメールじゃなくて、直接オフィサーに会っ

記事を読む

最安値はどこ?格安航空券探しの頼れる味方「Skyscanner」

どうもお久しぶりです。 このところブログ書いてなかったんですが、沖縄に行っていました。

記事を読む

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (2回目)

ども! 前回に引き続いて、今回はEligibility(適格性)についての記載を翻訳しました。原文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

フリーランスプログラマの開業手続きメモ

ども! 日本に帰国してはや3年、このたびフリーのプログラマと

元にわかウィニペガーが語る、マニトバ州ウィニペグ(Winnipeg)はこんな街<忠告編>

ども! ウィニペグを離れて東京での社会復帰を果た

自転車にハマり始めたワケ

今から約10年前のことです。 当時の僕は夢と現実の間で葛藤す

→もっと見る

PAGE TOP ↑