日本に帰国!マイナス40度の旅立ち

ども!
とうとう帰国することになりました。

帰国を思い立ったわけ

レイオフ後に働いていたお店での雇用が切れたこと、ウィニペグ、ひいてはカナダで生き残るには特化したスキルを持つ必要があることに気づき、日本に修行に戻ることにしました。

MPNPの申請は日本から行って、その間に腕を磨くって寸法ですね。

国外からの申請

「えっ、そんなんで永住権なんて取得できるの?」

と思われた方は過去記事のMPNP翻訳をご覧になってください。

マニトバにおけるMPNPの最大のポイントは、州との結びつきを証明できるかどうか。

その中に過去に6ヶ月以上の就労経験というものがあります。

まあ、自分はフルタイムで働いていたものの2箇所で勤務しているため、審査を通過できるかどうかは微妙なところですけどね。

こういう方法で申請した人も周りにいませんし、成功するかどうかは分かりません。

SPONSORED LINK

ですが、永住権を取った後にどうカナダで生き残るのかということを考えると、自分にはこれが正しい気がします。

審査が通らなかったら通らなかったで別の対策もありますし、まずはMPNPオフィスの出方を伺うつもりです。

来れてよかったよ、ウィニペグ

というわけで、今このブログはウィニペグの空港から書いています。

まだ新しいこの空港はこじんまりとしていますが、綺麗で快適ですねー。

ここのところはウィニペグでお世話になった方々とのお別れ会や、思い出作りに大忙しで、ブログへのご質問にお答えできていませんでしたが、帰国後は心機一転バリバリ返信していく………わけにはいかないくらい日本での暮らしも忙しくなりそうです(笑)。

なにせ修行の身ですからね。
申し訳ありませんが、あまり期待しないで返信をお待ちくださいm(__)m

ではでは!

関連記事

Winnipegでコミコンに行ってきました!

ども! 今日はサクッとThe Central Canada Comic Con(通称コミコン)のレ

記事を読む

マニトバ州ウィニペグ(Winnipeg)お仕事探しガイドライン

ども!   「ウィニペグに仕事はありますか?」 ワーホリビザでウィニペグに来て永住権ゲ

記事を読む

バンクーバーにやってきました

ご無沙汰してました! 最近何が忙しかったって、そりゃ日本から海外に出てきたことですよ。 成田

記事を読む

凍った川でアイススケート!2月はギネス級のWinnipeg Experience!

ども! このところはウィニペグにあるギネス級のアイススケートリンクを堪能しているMotoです。いや

記事を読む

パソコン故障中

ども! 最近ブログ書けてません。 すみません。 愛用のMacbook AirのSSDがクラッシュ

記事を読む

ウィニペグの雪

ウィニペグの冬を垣間見た!マイナス20℃体感ひとりウォーキングツアーの旅3時間コース

ども! すっかりウィニペグもマイナス20℃の世界となり、Motoの鼻毛も元気に凍っております。 初

記事を読む

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた

ども! MotoがWinnipegにやってきて早くも3ヶ月が経とうとしています。 月日が流れるのあ

記事を読む

img_layoffs2

人生初のマッシブレイオフ(大量解雇)に遭遇!どうなるMPNP?どうなるカナダ永住権申請?

  ども! 今日はあんまり元気がありません。ですので、カラ元気で頑張っていきます。

記事を読む

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (8回目)

ども! 大事なページの翻訳を忘れていました。MPNPにノミネートされた後、どんな手順を通して永住権

記事を読む

最安値はどこ?格安航空券探しの頼れる味方「Skyscanner」

どうもお久しぶりです。 このところブログ書いてなかったんですが、沖縄に行っていました。

記事を読む

Comment

  1. もものき より:

    初めまして。ブログ楽しませて頂きました。来年からMPNPを狙ってワーホリでマニトバへ入り、働こうと考えているのですが、フルタイムの仕事を得るのはどれほど難しいのでしょうか。英語は問題なく使えるはずなのでジャパレス以外で働きたいのですが…教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

フリーランスプログラマの開業手続きメモ

ども! 日本に帰国してはや3年、このたびフリーのプログラマと

元にわかウィニペガーが語る、マニトバ州ウィニペグ(Winnipeg)はこんな街<忠告編>

ども! ウィニペグを離れて東京での社会復帰を果た

自転車にハマり始めたワケ

今から約10年前のことです。 当時の僕は夢と現実の間で葛藤す

→もっと見る

PAGE TOP ↑