日本に帰国!マイナス40度の旅立ち

ども!
とうとう帰国することになりました。

帰国を思い立ったわけ

レイオフ後に働いていたお店での雇用が切れたこと、ウィニペグ、ひいてはカナダで生き残るには特化したスキルを持つ必要があることに気づき、日本に修行に戻ることにしました。

MPNPの申請は日本から行って、その間に腕を磨くって寸法ですね。

国外からの申請

「えっ、そんなんで永住権なんて取得できるの?」

と思われた方は過去記事のMPNP翻訳をご覧になってください。

マニトバにおけるMPNPの最大のポイントは、州との結びつきを証明できるかどうか。

その中に過去に6ヶ月以上の就労経験というものがあります。

まあ、自分はフルタイムで働いていたものの2箇所で勤務しているため、審査を通過できるかどうかは微妙なところですけどね。

こういう方法で申請した人も周りにいませんし、成功するかどうかは分かりません。

SPONSORED LINK

ですが、永住権を取った後にどうカナダで生き残るのかということを考えると、自分にはこれが正しい気がします。

審査が通らなかったら通らなかったで別の対策もありますし、まずはMPNPオフィスの出方を伺うつもりです。

来れてよかったよ、ウィニペグ

というわけで、今このブログはウィニペグの空港から書いています。

まだ新しいこの空港はこじんまりとしていますが、綺麗で快適ですねー。

ここのところはウィニペグでお世話になった方々とのお別れ会や、思い出作りに大忙しで、ブログへのご質問にお答えできていませんでしたが、帰国後は心機一転バリバリ返信していく………わけにはいかないくらい日本での暮らしも忙しくなりそうです(笑)。

なにせ修行の身ですからね。
申し訳ありませんが、あまり期待しないで返信をお待ちくださいm(__)m

ではでは!

関連記事

カナダ永住権取得のためのMPNPウェブサイト翻訳を分かりやすく最新の情報にアップデートしました!

ども! 新年あけましておめでとうございます。 今年もどうぞ( `・∀・´)ノヨロシク

記事を読む

なんとか元気でやってます。レイオフから退社までの経緯をまとめてみた。

ども! レイオフの一件からいろいろとドタバタ動いていましたが、少し落ち着きました。 先日、Man

記事を読む

ワーホリを終えた帰国者が再び日本の生活に速やかに馴染むためのTips

ども! カナダから帰国後の暮らしは万事順調。 日本のビジネス社会にスムーズに適応しているMotoで

記事を読む

ワーキングホリデー中の仕事探し

What's going on, guys?(よう、みんなどうしてる?) なんとなく普段勉強で見てい

記事を読む

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた (2回目)

ども! 前回に引き続いて、今回はEligibility(適格性)についての記載を翻訳しました。原文

記事を読む

カナダ永住権の最短ルート!マニトバプロビンシャルノミニープログラム(MPNP)のWebサイトを翻訳してみた

ども! MotoがWinnipegにやってきて早くも3ヶ月が経とうとしています。 月日が流れるのあ

記事を読む

移民の理由は人それぞれ…MPNPオフィスのセッションに参加してきました!

ども! MPNPの審査をしている人達ってどこにいるの?電話やメールじゃなくて、直接オフィサーに会っ

記事を読む

ご質問へのお返事

ども! ありがたいことにメールでご質問をいただいたので、同じ疑問を持たれているかもしれない他の方々

記事を読む

パソコン故障中

ども! 最近ブログ書けてません。 すみません。 愛用のMacbook AirのSSDがクラッシュ

記事を読む

新参者が語る、マニトバ州ウィニペグ(Winnipeg)はこんな街〈町並み編〉

2016年5月7日に追加情報載せました ども! です。 街

記事を読む

Comment

  1. もものき より:

    初めまして。ブログ楽しませて頂きました。来年からMPNPを狙ってワーホリでマニトバへ入り、働こうと考えているのですが、フルタイムの仕事を得るのはどれほど難しいのでしょうか。英語は問題なく使えるはずなのでジャパレス以外で働きたいのですが…教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

フリーランスプログラマの開業手続きメモ

ども! 日本に帰国してはや3年、このたびフリーのプログラマと

元にわかウィニペガーが語る、マニトバ州ウィニペグ(Winnipeg)はこんな街<忠告編>

ども! ウィニペグを離れて東京での社会復帰を果た

自転車にハマり始めたワケ

今から約10年前のことです。 当時の僕は夢と現実の間で葛藤す

→もっと見る

PAGE TOP ↑