Microsoft Teamsのボット開発で役に立ちそうな参考情報をガンガン記録していく

SPONSORED LINK

自分用のまとめ記事です。
MSのドキュメントは書き散らかされていて収集がついていない印象なので、自分なりに使えた記事をまとめていこうと思います。

参考になるURL

これからはじめる!やさしいMicrosoft Teamsアプリ開発の基本最初に読んでおくと良い。
開発できる範囲の把握とサンプルコード探しの窓口に。
BotBuilder-Samples/samples/pythonGithubにあるMS製のpythonボットサンプルコード。
Bot Framework — Activityconversation update activityの詳細が書いてある。
なげえ。
サンプルコードによるアプリを動かして、Teamsからのリクエストをチェックしつつ、理解できない概念がでたタイミングで読んでいったほうがよさそう。
Microsoft Adaptive Cardsアダプティブカードのフォーマットに則ってjsonレスポンスをデザインできる。
Azure Bot Service API リファレンスMS Teamsにbotからメッセージを送信するためのAPIリファレンス
Azure Bot Service ボットのしくみこれを読むとBot Service SDKの仕様がわかるように。

ウェルカムメッセージ作りのメモ

Teamsにアプリのインストールするなど行うと、conversation update activityが発火する。
ウェルカムメッセージはそれを活かして生成する。

SPONSORED LINK

MS製のBotエミュレーター

microsoft/BotFramework-Emulator

Githubのreleaseページから、
`BotFramework-Emulator-4.8.1-mac.dmg`
などを選択してインストールする。