vscodeのworkspaceでremote-containerを扱う場合はcode-workspaceファイルの生成場所に注意

SPONSORED LINK

code-workspaceファイルの置き場所が肝心。
workspaceに追加してあるフォルダが、code-workspaceファイルのディレクトリの配下のサブディレクトリとして配置していないとエラーになって.devcontainerファイルが作成できませんでした。

SPONSORED LINK
  • workspaceに追加したフォルダを仮に「added_folder」
  • workspaceの設定ファイルを「my.code-workspace」

とした場合、以下のように配置しておけばOK。

.
├── added_folder
└── my.code-workspace

以下のような配置はNGでした。

.
├── tmp
│   └── added_folder
├── my.code-workspace